【スウェーデン伝統料理】Ärtsoppa:スウェーデン風豆のスープ 【北欧家庭料理/木曜日の伝統】

“Ärtsoppa”とは…

“Ärtsoppa”とは”黄色いえんどう豆”を使ったスウェーデンの伝統的な豆のスープである。料理名はシンプルでÄrt=豆、Soppa=スープである。

実はスウェーデンでは”木曜日に豆のスープを食べる”という伝統がある。その起源には諸説あり、有名なものはスウェーデンがカトリック優勢だった時代の話。カトリックには断食の習慣があり、当時のスウェーデン国民たちはその前日に豆のスープと甘いパンケーキを食べてお腹を満たし、断食を乗り切ったという話である。

***スウェーデンで”豆のスープ(Ärtsoppa)”というと、デザートとして食べられるスウェーデン風パンケーキ(Pannkakor)が必ずと言っていいほどセットとして語られる***

また、16世紀に廃位され投獄されたスウェーデン君主エリック14世には毒殺説があり、その最期の食事が”木曜日”で”豆のスープ”だったという話もある。スウェーデン国民はその王の死を偲んで木曜日に豆のスープを食べるようになったという話である。

現在では、誰もが必ずしも木曜日に豆のスープを食べるというわけではないが、今でも広く根付いた文化であり、多くのレストランのメニューで見つけることができる。

ちなみに、このスープの一番の特徴はその”黄色い”見た目である。えんどう豆といえば一般には緑色の印象があるが、スウェーデンでは伝統的に”黄色のえんどう豆”が使われる。実は隣国のフィンランドにも豆のスープについての同様の伝統があるのだが、そちらの豆のスープ(Hernekeitto)は緑色のスープである。

では、スウェーデンの伝統的豆のスープ Ärtsoppaの本格レシピを紹介しよう。

“Ärtsoppa”の本格レシピ

*本レシピは公開から一定期間経過したため有料化しています。

投稿を作成しました 82

コメントを残す

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る